女性教諭へのセクハラ行為も:神戸市立小学校教員暴力事件

 神戸市立東須磨小学校の教諭4人が同僚教員に対して暴行やハラスメント行為を繰り返していた問題に関連して、別の女性教諭がテレビ局の取材に応じ、加害者教諭の一人からセクハラを受けたと訴えている。

 神戸市教育委員会の報道発表では、別の女性教諭へのセクハラ行為もあったことは言及したものの、詳細については「被害者のプライバシー」として言及を避けていた。被害者の証言によると、体型をからかわれる、生理の周期を言いふらされるなどの行為があったとされる。

 あまりにも悪質なセクハラであり、人権侵害発言である。暴力行為・パワハラや、児童へも威圧的な対応をとっていたことが指摘されたことなどと、根が共通ではないかとも感じる。

(参考)
◎女性教諭もセクハラ被害語る 神戸・いじめ(よみうりテレビ 2019/10/12)