教師が同僚教員に対して悪質な集団いじめ:神戸市の小学校

 神戸市立東須磨小学校(須磨区)の教員4人が、同僚の教員1人に対して集団いじめ行為をおこない、被害教員は体調を崩して休職に追い込まれていたことがわかった。

 報道によると、加害者は30~40代の男性3人・女性1人の計4人、被害者は20代男性教員だという。

 加害者らは被害者に対して、LINEで性的なメッセージを別の教員に送るよう強要する、被害者所有の車の上に乗ったり故意に飲み物をこぼして傷つける、「ボケ」「カス」などの暴言を吐く、ロール紙の芯で殴る、羽交い締めにして激辛カレーを無理やり食べさせ目にこすりつける、などのいじめ・パワハラ行為を常習的に繰り返していた。

 被害者は精神的に不安定な状況になり、2019年9月から休職を余儀なくされているという。

 管理職は2019年6月頃に、加害者教員4人のいじめ・パワハラ行為を把握し、指導したとしている。休職と被害者家族からの連絡を受け、詳細な調査に着手した。加害者側は4人とも、2019年10月に入って欠勤しているとされる。

 このような行為はいじめ、パワハラ行為であり、内容も極めて悪質である。加害者は実名公表や懲戒免職も含めて厳しく処罰されるべきものである。

 しかも教師が同僚教員に対して悪質ないじめ行為をおこなっていれば、児童間のいじめに対してまともに対応できないだけでなく、児童間のいじめの手本を見せてあおるような形になったり、児童も同じようにいじめの標的にする可能性も考えられ、極めて危険である。

(参考)
◎羽交い締め、目に激辛カレー わいせつLINEを強要 小学校の教員4人が同僚いじめ(神戸新聞 2019/10/4)