宮城県亘理町中学生自殺「教師からからかわれた」証言あった

 宮城県亘理町立吉田中学校2年の男子生徒が2019年3月に自殺し、遺族側が「教師にからかわれるなどした」と訴えている問題で、調査にあたっている第三者委員会の関係者は8月8日までに、在校生へのアンケートの中にも遺族側の主張と合致した内容の回答があったことを明らかにした。

宮城県亘理町で中学生自殺、背景に学校側の不適切対応?
 宮城県亘理町立吉田中学校2年だった男子生徒が2019年3月に自殺していたことがわかった。  生徒の家族は4月12日に宮城県庁で記者会見して事実関係を公表するとともに、「教諭から不適切な指導があった」などと訴え、宮城県教育委員会に対し...

 「教師からからかわれた」とする証言のほか、「生徒同士の人間関係で悩んでいた」とする回答もあった。第三者委員会では生徒10人前後を対象に、夏休み中に個別の聴き取りを図るとしている。

 報道の範囲でははっきりしない部分があるものの、生徒に対する不適切な言動があった可能性がうかがわれることにもなる。ていねいな調査が求められる。