千葉県野田市で小学生自殺、第三者委員会で調査へ

 千葉県野田市立小学校6年の男子児童が7月13日に自殺していたことがわかった。野田市教育委員会は7月24日、第三者委員会を設置し、いじめの有無を含めて調査する意向を示した。

 報道によると、この学校では7月13日、土曜だったが午前授業があった。児童は通常通り出席していたが、帰宅後に自宅で自殺した。

 児童の家族が「自殺原因を詳細に調査・解明してほしい」と訴え、いじめの有無を含めた調査をおこなうという。同級生に対し、いじめを耳期したことがあるかなどの調査を予定しているとされる。

 学校ではいじめアンケートをおこなっていたが、市教委は「遺族側の意向がある」として当該児童の回答内容についての言及は避けている。

 報道の内容は断片的なものになっているとは言えども、いじめがあった可能性も捨てきれないとも推測でき、また少なくとも学校に起因する原因が大きいとうかがわれる状況があるということになる。ていねいな調査をして、自殺原因を解明していくことが求められている。