いじめで骨折・PTSDに、第三者委員会が調査:大阪・八尾市立小学校

 大阪府八尾市立小学校6年の女子児童が、同級生から暴言や暴力などのいじめ行為を受けて不登校状態が続いていることが、4月11日までにわかった。八尾市教育委員会はいじめ防止対策推進法上の「重大事態」と認定し、調査をおこなっているという。

いじめ事件の経過

 報道によると、いじめの経過はおおよそ以下のようである。

 女子児童は4年生だった2017年頃から、複数の同級生からに「もう死ねば」「デブ」などの暴言を繰り返し受けていた。2018年2月には、同級生の男子児童から市内の公園で暴力を受け、指を骨折するケガを負った。

 八尾市教育委員会は2018年7月に第三者委員会を設置して、調査をおこなっているという。

 児童は5年進級後の2018年秋頃から不登校状態になり、2018年12月には心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。

 いじめの内容も悪質であるし、報道の範囲では学校側がどのように対応してきたのかが見えてこない。きちんと調査の上で、ていねいな改善策と、同種事件の際にはきちんとした対応がなされるような教訓を導き出すことを求めたい。