不登校の背景に「いじめへの不適切対応」として提訴:奈良市立小学校

 奈良市立小学校に通う女子児童が2017年、担任教諭からいじめの不適切対応を受け不登校になったとして、市に対して約330万円の損害賠償を求める訴訟を奈良地裁に提訴していたことがわかった。

 朝日新聞web版2019年3月6日付『「ウソついたら先生とキス」 いじめ被害女児が不登校』が報じている。

報道で指摘された内容

 報道によると、児童が4年だった2017年に事件が起きた。この児童は4年進級後、同級生の女子児童3人からいじめを受けるようになった。保護者は2017年6月7日、担任の男性教諭(30)にいじめを伝えたという。

 しかし担任教諭は、訴えがあった日に児童に対して以下のような対応をおこなったとされる。

教諭は同日、いじめを受けた女児と、いじめに関与した女児に仲直りの指切りをさせ、「うそついたら先生とキスをする」と言うなどしたという。その後も難癖をつけられるいじめがあり、6月12日から女児は登校できなくなったとされる。

朝日新聞2019年3月6日『「ウソついたら先生とキス」 いじめ被害女児が不登校』

 学校側はその後の調査でいじめを認定し、担任教諭は『キス』発言を認めたとしている。児童側は2019年1月18日付で提訴した。

いじめ対応としても不適切

 「うそついたら先生とキスをする」などという発言は、問題外レベルの不適切発言であることはいうまでもない。

 それ以前に、安易に「仲直り」を迫って一件落着という手法は、いじめへの対応としては極めて問題である。こういう安易な手法では、いじめが問題であるということが加害者側にも認知されず、それどころか場合によっては逆恨みでの報復を呼んで、いじめ問題をさらにこじらせることになってしまう。いじめ問題をこじらせるような対応の典型例だといってもよいのではないか。