保育士確保策に「USJ年間パス」?:大阪市

 大阪市が保育士確保策として、他県出身で大阪市内の保育所に採用された保育士に対し、USJ(大阪市にあるテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」)年間パスへの補助などを打ち出したと報じられている。

報道で指摘された内容

 大阪市では待機児童数を減らすために保育所設置を加速させ、それに伴って保育士の確保が緊急の課題になっている。なお保育所設置といっても、市立保育所を統廃合や民営化・民間委託などした上で、民間保育施設の参入を促しているという代物である。

 これに伴い、大阪市内・大阪府内出身者にとどまらず全国各地から多くの人を集めるとして、他県出身で大阪市内の保育所に採用された保育士に対して、USJ年間パスへの補助や、帰省費用の補助などを打ち出したという。

 年間パスは2万5000円を上限にする。また帰省費用は、6万円(大阪府を除く近畿各府県出身者については2万円)を補助するとしている。

 勤務先の保育所を通じて支給する。大阪市では2800万円の予算を計上する予定にしている。

もっと根本的な対策が必要

 やることなすことずれているという印象。

 保育士不足については各方面で深刻な問題になっている。低賃金や現場での人手不足などが複合し、給与面でも労働条件でも、業務内容の責務に見合った待遇が受けられないことが、保育士不足につながる主な理由として指摘されている。そのため、保育士養成系学校に通って保育士資格を取っても他業種で就職したり、離職した保育士がそのまま別業種に転職して戻ってこないなど、保育士資格を持っていても保育士としては仕事をしていない「潜在保育士」が増加することにもなっている。

 それらのことに向き合わずに「USJ年間パス」を打ち出すなど、わけがわからないと言わざるをえない。「馬鹿にしているのか」と厳しく批判されてもおかしくない。

 大阪市では「維新市政」になってから、学校の教職員についても行政の公務員についても、「やる気や志があるなら、たとえ待遇が悪くても人が集まる」と豪語するようなやり方を繰り返してきた。しかし実際は、現場の士気を下げ、新規採用などは志望者が大阪市を避けるようになって混乱し、現職も条件と機会があれば流出するなどの状況を招いている。

 保育士についても、懲りずに同じような発想を持ち込んでいるとしか思えない。

 USJ年間パスよりも、保育士の給与向上への施策や、安定・安心して働けるような労働条件改善への施策が必要ではないか。

(参考)
◎USJ年パス・帰省費も補助 大阪市が保育士確保大作戦(朝日新聞 2019/1/17)