医学部入試、9大学を「不適切」と判定:文科省

 文部科学省は12月14日、医学部の入試に関連して、受験生の性別や年齢などによって不利益な取り扱いをするなど不適切な入試をおこなっていた大学についての調査結果を公表した。

 不適切入試については、以下のように定義づけたとしている。

  • 合理的な理由なく、成績の順番を飛ばすなどして特定の受験生の合否判定をすること。
  • 性別や年齢、出身地域など属性を理由として一律的な扱いの差をつけること。

 医学部医学科のある81大学のうち、不適切入試と判断されたのは9大学、「その疑いが高い」と指摘されたのが1大学、計10大学あった。文科省は10大学の大学名を公表した。

 東京医科大学(東京都)、昭和大学(東京都)、北里大学(東京都)、順天堂大学(東京都)、日本大学(東京都)、神戸大学(兵庫県)、岩手医科大学(岩手県)、金沢医科大学(石川県)、福岡大学(福岡県)の9大学が「不適切」と判断された。

 聖マリアンナ医科大学(神奈川県)については「文科省の調査では不適切の疑いが高いと判断したものの、大学側が反論を申し立てたために、第三者委員会での調査を求める」とした。

受験制度の改善から医師の働き方まで立体的な対応を

 医学部での不適切入試の問題は、根が深いものとなっている。

 性別や年齢・高校卒業からの年数といった属性によって、受験生の得点基準に差を付け、医師志望者の受験生の人生を左右されることになるのは、差別にほかならない。このようなことは決して許されてはならない。

 しかもこのようなことをした理由についての大学側の言い訳も、ひどいものがある。順天堂大学では「コミュニケーション能力が高い傾向がある女子を落とした」という意味不明なものだったことが、社会的な批判を浴びている。

 スタート地点で女子受験生や年齢の高い受験生を排除することは、医学部で学び医師を養成するということだけにとどまらず、将来の医師としての働き方の問題ともつながってくる。医師の長時間過密労働を変える気がない、そのためには私生活や家庭生活を犠牲にできる人材がほしい、そういう発想から時代遅れの古いジェンダーロールが必要、というおかしなことにまで波及している。

 直接的には入り口で不当にシャットアウトされた女子受験生や多浪受験生が被害に遭っていて、その点の救済と、不合理な差別の解消が強く求められる。同時に、医師の働き方・将来のキャリアの問題に至るまで、立体的な解決策を図っていく必要がある。