いじめで不登校、1年の時からいじめあったのに2年以降で加害者と同じクラスに:福岡県立高校

 北九州市内の福岡県立高校3年の男子生徒が1年の時にいじめを受けて一時不登校になり、その後登校できるようになったものの、の学校側は2年以降加害者と同じクラスにするなどして再び登校できない状態になっていたことがわかった。

 朝日新聞2018年11月16日『いじめは「解決」、同じクラスに 高3男子が再び不登校』が報じている。

いじめの経過

 記事によると、生徒は1年の時、同じ部活動の男子生徒3人から暴行を受けたり、「殺す」などと暴言を受けるなどのいじめを受けたという。

 生徒は不登校になり、学校側は加害者に謝罪させるなどした。

 学校側は「解決した」と判断し、2年・3年で加害者のうちの一人と被害者を同じクラスにしていた。そこでいじめが再発したという。実習や体育の授業で同じグループになることもあり、「死ね」「学校に来るな」などと暴言を受けたとしている。生徒は3年となった2018年10月以降再び登校できなくなった。

 生徒は「1年の時からいじめが続いた」と訴えている。

 一方で学校側は「1年時のいじめは解決したと判断していた。1クラスしかない学科でもあり、加害者と被害者が同じ学科を志望したことで同じクラスになった」としている。またいじめに関する資料は進級の際に引き継ぐことが国の指針で指示されているが、この生徒の1年時のいじめに関する資料は「廃棄した」としている。

あまりにもいい加減なやり方

 報道されている内容通りだとすれば、学校側のやり方はあまりにもいい加減ではないかと思わざるをえない。

 加害者に表面上謝罪させても内容が伴っていなければ、いじめが水面下に潜って陰湿化・悪質化する可能性も考えられる。また進級の際に資料を引き継がず情報を共有しなかったことも問題である。さらには1年時はいわゆる「くくり募集」で2年以降細かい学科に分かれるシステムの高校のようだが、学科1クラスしかないからといっても同じクラスにすることは極めて危険なことでもある。いじめを「なかったこと」「大したことない」扱いで通常通りに学科振り分けをしたのではないかとも思われるのも、問題である。