柴山文科相:教育勅語「政府レベルで活用推奨しない」としながら「通用する部分ある」

 柴山昌彦文部科学大臣は10月5日の記者会見で、「教育勅語をアレンジして道徳教育に使える」とした就任記者会見(10月2日)について、「教育勅語を復活させると言ったわけではない。政府のレベルで現代的にアレンジした形で道徳への活用を推奨することはない」「(普遍性があると述べた部分については)現在の教育にも通用する内容がある」などと話した。

柴山文部科学大臣会見(平成30年10月5日):文部科学省

 教育勅語そのものは失効している、「個人・団体レベルでは活用が検討されていると承知するが、政府としてアレンジして活用を推奨することはない」とした。その一方で教育勅語に示された内容、例えば「日本の規律正しさやお互いを尊重する気持ち」などは現代的な理念としてアレンジして、教育勅語から離れた形で使えるとしている。

 微妙に軌道修正をおこなっているように装いながらも、本質的には教育勅語を肯定しているという見解を保持していることになる。

 教育勅語は、いくら表面上「良いこと」にみえるようなことが書いてあったとしても、すべては天皇を中心とする国家の体制に無条件に従えというものである。そこで示された徳目は、天皇を中心とする国家と臣民との上下関係を軸にして、非常時には天皇のために尽くすための備えとしてのものである。また天皇を中心とした日本の国家体制が、時代や国を超えて唯一無二のものだともされたものである。

 戦争遂行の際の思想的支柱の一つとなったことは歴史研究でも承知の通りであるし、日本国憲法の体制とは相容れないとして廃止されたものである。単純な廃止ではなく、国会における排除・失効決議という異例の「ダメ押し」までされたものである。

 このようなものを、どのような形であれ、現代社会に復活させる余地などない。

(参考)
◎教育勅語問題 文科相発言修正「復活ではない」 撤回せず(毎日新聞 2018/10/5)