校舎転落事故「背景にいじめ」、柏市教委が関連文書を非公開にしていたことが判明:千葉

 千葉県柏市立光ケ丘中学校で2015年3月、当時2年の女子生徒が校舎から飛び降りて重体になった事案について、柏市教育委員会が「この生徒へのいじめがあった」とする報告書を作成していたことがわかった。

 毎日新聞が情報公開請求をおこない、2018年9月14日付で報じた。柏市教委は報告書で記されていた内容について、未発表・非公開としていた。

事故の経過

 事故は2015年3月16日午後4時頃に発生した。事故直前、この生徒を含めて、部活動で部員5人の話し合いがもたれていた。話し合いの途中に女子生徒が部屋から退室し、直後に大きな物音がしたという。女子生徒は校舎4階の窓から飛び降りたとみられ、校内の駐車場で倒れているところを発見された。生徒は頭などを強く打ち、意識不明の重体となった。

 柏市教委は同級生への聴き取りなどをおこない、報告書を2016年3月にまとめた。しかし市教委は、報告書を非公表のままにしていた。

情報公開請求

 非公表となっていた文書について、毎日新聞社が2016年4月に情報開示請求をおこなった。しかし「非公開」と決定されたため、不服申立をおこなっていた。

 2年間にわたる審議の末、市の情報公開審査会は非開示措置を取り消し、一部が2018年9月3日に開示されたという。

いじめに言及

 毎日新聞の記事によると、公開された文書では、この女子生徒へのいじめがあったと言及されていたという。

「(転落の)直接の原因は判断できなかった」としつつも「(生徒が)いじめを受けてきた」と指摘。担任教諭については「女子生徒や保護者からの相談でいじめの認知ができたにもかかわらず、安全配慮義務を果たさなかった」とし、「いじめを過小評価し状況の重大性を十分認識しなかった」と学校側の対応を批判していた。

 また、開示された別の文書には「記者会見は行わない」「個人に関する情報として不開示情報の扱いをお願いしたい」などとあった。

(毎日新聞web版2018年9月14日『柏市教委 転落生徒にいじめ「学校に責任」報告書公表せず』)

隠蔽ではないか

 いじめについて言及しながら、その文書を一切開示しないというのは、隠蔽だと見なされてもやむを得ない。

 個人情報といっても、生徒個人が特定できるような情報については慎重に対応すべきであるとはいえども、いじめの事実関係そのものまでなかったことにしてはいけない。生徒個人を特定できないようにしながら、いじめの事実関係のみを公表する方法も、十分に可能である。

 市教委にとって不都合だから、個人情報の概念を拡大解釈して乱用したのではないかとも感じる。