暴力行為告発の投書に逆上、さらに暴行加える:香川県の小学校講師

 香川県東部の小学校で2018年4月、男性講師が男子児童に暴力的な行為を加えた上、その行為を校内の投書箱で告発されたことに逆上して当該児童に再び平手打ちを加えていたことがわかった。

事件の概要

 当該講師は、昼休みに朝礼台で遊んでいた児童数人に対し、もうすぐ午後の授業が始まるからとして教室に戻るよう指示した。しかし児童が指示に従わなかったとして、講師は児童2人に馬乗りになるなどの暴力的行為を加えた。

 児童のうち1人が、講師の行為を紙に記し、校内の児童会の目安箱に投書した。

 このことを知った講師は児童に対し、「人に言うのでなく(自分のところに)直接来い」などと発言した。児童が「その必要はない」と告げると、講師はこの児童に平手打ちを加えた。

 当日のうちに別の教員が学校側に報告して、事件が発覚した。

一連の行為は暴力行為

 講師の行為は、最初の馬乗りも暴力的行為であり、指導としても極めて不適切なものである。

 さらにその後の発言も、児童を威圧してもみ消そうと取れるようなものであり、さらに平手打ちまで加えているのは「逆ギレ」と受け取れるものである。

 いじめの構図ともいえるような、極めて悪質な行為ではないか。

(参考)
◎香川 暴力行為投書の児童を平手打ち 男性講師が謝罪(毎日新聞 2018/7/13)