生活習慣への気配りや知的好奇心高める取り組みが学力向上につながる

 文部科学省が全国学力テストにあわせて実施した調査によると、経済的に厳しい家庭の子どもでも、保護者が生活習慣に気を配ったり知的好奇心を高める努力をしていた場合は子どもの学力は高くなる傾向にあると指摘している。

概要

 NHKニュース(2018年7月1日)によると、以下のような内容が指摘されている。

親の年収や学歴が高い「上位層」の家庭の子どもの平均正答率は、すべての教科で年収や学歴が低い「下位層」の子どもを上回り、特に「算数B」では21ポイントの差がありました。

一方で、研究チームは「下位層」の中にも成績の高い子どもが一定数いたことからその背景を調べました。

すると、こうした家庭では毎日朝食をとるなど、子どもに規則的な生活を送らせたり、本の読み聞かせや新聞を読むよう勧めたりするなど、子どもの知的好奇心を高める努力をしていることがわかったということです。

『経済的に厳しい家庭も保護者の関与で子どもの学力向上』(NHKニュース2018年7月1日 5時41分)

 これはかねてからも、経験的に知られていたことではある。

 全国学力テストの成績はあくまでも一つの参考値であり、学力のすべてではない。

 とはいえども、子どもの学力向上には、子どもの知的好奇心を高めるような環境作りや、規則的な生活を送らせるような環境作りが重要になってくるということを示している。

 そういった環境作りには、家庭の学歴や年収が高い方が有利になりがちであり、経済格差の問題も避けては通れない。しかし不利な条件下でも、保護者の意識的な働きかけによって子どもの能力を伸ばせることも示している。

 しかしいくら保護者が意識的に対応しても、限界があることもまた事実である。公的に「底上げ」を図るような仕組みこそが必要になってくる。