日大アメフト部反則プレー事件:日大の当該選手が記者会見

 日本大学と関西学院大学とのアメリカンフットボールの試合で、日大選手が関学選手に対して背後からタックルをかけるラフプレーをおこない、関学選手を負傷させたことが問題になっている。この問題では、日大監督が選手に反則を指示したと指摘されてきた。

 この問題について、問題になったプレーをおこなった日大選手の学生が5月22日、実名・顔出しで記者会見をおこなった。会見には代理人弁護士が同席した。学生は当該プレーについて謝罪するとともに、事実関係について話した。

会見の内容

 学生は冒頭で、「ケガをさせた相手選手とご家族、関学アメフト部の関係者に、大きな被害と迷惑をかけたことを深く反省しています。申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 その上で、5月6日に起きた問題のプレーについて、事件に至った背景を説明した。数日前から内田正人監督や井上奨コーチから「闘志が足りない」などと言われて「試合に出させない」などの圧力があり、監督やコーチから「相手のクォーターバック(QB)選手をつぶせ。そうでなければ試合に出せない」といわれたことを明らかにした。

 「つぶせ」はプレーの中で相手選手の動きを止めるという試合戦術的な意味ではなく、相手をケガさせてその後の大会に出られなくさせるという意味だったという。コーチは「(相手選手を)つぶして秋のリーグ戦に出られなかったら有利だろ」とも発言した。

 事件後、自分のしたことの重大さを認識して泣いていると、コーチは「お前は優しすぎるからダメなんだ」などと学生に声をかけたという。

 事件後、学生は被害選手のところに赴いて謝罪したいと申し出たが、日大側から止められたという。

 学生は「もうアメフトはできない」「指示があったとはいえども、自分がしてしまったこと。真実を話すことで償いの一歩としたい」と話した。

指導者の体質が一番の問題

 この問題は、正直言って辛い。

 ケガをした関学選手は回復の方向に向かっていると聞くが、一歩間違えれば重篤な状態になっていた可能性もあるほどの危険なものだったという。このような乱暴な行為はあってはならない。

 また加害者になってしまった日大選手の学生個人がどうこうというより、彼をそこまで追い込んだパワハラ・アカハラ体質こそが問われなければならない。日大選手の学生も、ある意味では被害者であるという気がしてならない。

 監督やコーチなどの体質は、学校教育の現場でも、また社会でも、決して許されない。こういう体質をなくしていくこと、改善していくことが重要である。