中学校道徳教科書検定:「日本教科書」「教育出版」など8社が発行

2018年5月21日

 2019年度より新規に教科化される中学校道徳について、教科書の検定結果が3月27日に発表された。

 3月27日夕方時点では速報の段階で詳細な中身についてはまだ不明な点も多いが、8社が申請し合格したと報じられている。

 日本教育再生機構とつながっていると噂され、道徳教科書への新規参入をほのめかしていた「日本教科書株式会社」が、今回の検定で初めて中学校道徳教科書を発行した。

 また教育出版も、中学校道徳教科書を発行している。2018年4月より使用予定の小学校道徳教科書では、日本教育再生機構関係の執筆陣は教育出版から教科書を発行し、問題となっていた。

 教科書の詳細な中身については、この時点ではまだ情報が入っていない。

 日本教育再生機構系の道徳教科書執筆陣は教育出版から日本教科書に乗り換えたのか、それとも日本教育再生機構系の影響は教育出版にも残っているのかなど、気になる点は多い。

 今後明らかになるであろう情報に注目である。

 ほか、東京書籍、廣済堂あかつき、日本文教出版、学校図書、光村図書、学研教育みらいの各社も、中学校道徳教科書を発行した。