スポンサーリンク
学校教育

「わかりやすい」産経新聞の日教組教研集会評

日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)が広島市で開かれているとのこと。例によって、産経新聞が授業実践リポート内容に難癖を付けている。それ自体は、例年この時期の風物詩ではある。 同紙ウェブ版記事・2020年1月25日配信...
いじめ問題

新潟県新発田市立中学校いじめ自殺:遺族が市を提訴

新潟県新発田市立中学校2年だった男子生徒が2017年6月に自殺した問題で、生徒の遺族は2020年1月24日、「学校側がいじめを放置した」「いじめ加害者の名前も遺族に開示されていない」として、新発田市に対して、約3000万円の損害賠償と加害者...
教育学・教育調査

18歳選挙権に関する高校生調査:埼玉県

毎日新聞(東京夕刊)2020年1月22日付に『18歳選挙権、導入されたけど… 高校生、進級につれ実感薄れ』が掲載されている。 記事では、埼玉大学社会調査研究センターがさいたま市内の高校生を対象におこなった政治意識調査について、経年比較...
いじめ問題

「小学生時代のいじめでPTSD」いじめ認定し学校側の隠蔽認める判決:東京高裁

「東京都府中市立小学校在学中にいじめを受けたが、学校側に被害を訴えても対応されず、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症した」として、被害に遭った女性(現在20代)が府中市などを相手取って訴えた訴訟で、東京高裁は2020年1月22日、当時...
学校教育

岐阜県の「4時禁」ルール:生徒への監視・干渉はどうなのか

岐阜新聞2020年1月21日(ウェブ版)に『4時禁はブラック校則か?「監視されている気分」「安全考慮」』が掲載されている。 記事で指摘された内容 記事によると、岐阜県西濃地域の学習塾経営者から寄せられた情報として、地域の中学校には「4時...
「体罰」・対生徒暴力

生徒に「指導」としてカッターナイフ突きつける:千葉市立中学校

千葉市花見川区の千葉市立中学校で2020年1月、生徒指導担当の20代男性教諭が、1年の男子生徒2人にカッターナイフを突きつけていたことがわかった。 報道によると、事件の経過は以下のようになっている様子。 2020年1月7日、1年...
大学・高等教育

大学入試で女子・多浪受験生に差別的扱い:聖マリアンナ医科大学

聖マリアンナ医科大学(川崎市)は2020年1月17日、同大学の入試で女子と浪人回数の多い受験生を差別していたとする第三者委員会調査報告書を公表した。 文部科学省は2018年12月、「文科省の調査では不適切入試をおこなった可能性が高いと...
教育行政

「スマホ・ゲーム使用時間ルール化」提言:大阪市長

松井一郎大阪市長は2020年1月15日の総合教育会議で、「不登校の要因の一つはスマホやゲーム依存にある、とする調査結果もある」として、使用時間を条例でルール化することも視野に、実効性ある対策を取ることを市教委に提案した。 スマホ・ゲー...
教育行政

学校統廃合を「行政主導で」:大阪市総合教育会議

大阪市は2020年1月15日に総合教育会議を開き、市立小中学校統廃合を行政主導で強力におこなえるようにする条例改正の方針を正式に示した。 2020年2月議会に関連条例改正案を提出したいとしている。 学校統廃合については、...
大学・高等教育

センター試験で前泊などの負担:小笠原でのケース

毎日新聞(ウェブ版)2020年1月15日付が『センター試験に28泊 小笠原の生徒、定期船運休 教員「本土より負担大」』を掲載した。 小笠原諸島在住の受験生は「センター試験受験に28泊29日」 センター試験が1月18日・19日に実施される...
タイトルとURLをコピーしました