スポンサーリンク
学校教育

授業中の教室で事故、学校側の過失認め世田谷区などに賠償命令:東京地裁

 東京都世田谷区立小学校4年だった2009年、授業中の教室で同級生が投げた分度器が目にあたって視力低下などの後遺症を負ったとして、被害にあった男子児童が世田谷区などに約3400万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、東京地裁は12月11日、原告側...
「体罰」・対生徒暴力

部員への暴力行為で女子バレーボール部監督を処分、前任校でも同様の暴力行為の経歴あり

 広島県尾道市の私立尾道高校は12月10日、女子バレーボール部で「体罰」・暴力行為があったとして、監督を務めていた男性教諭(53)を減給の懲戒処分とした。監督は同日付で依願退職した。 事件の経過  教諭は、練習中に複数の部員にボ...
いじめ問題

埼玉県川口市いじめ事件:ネットの中傷書き込みに発信元情報開示命じる

 埼玉県川口市立戸塚中学校に通っていた男子生徒が在学中にいじめを受けて自殺を図った問題に関連して、「ネット上でこの生徒への中傷書き込みがあった。実名も晒された」として被害生徒らがプロバイダに発信元情報開示を求めた訴訟で、東京地裁が12月10...
学校教育

鹿児島県奄美市立中学校生徒自殺、担任の不適切指導による「指導死」と認定

 鹿児島県奄美市立中学校1年だった男子生徒が2015年11月5日に自殺した事案をめぐり、市の第三者委員会は12月9日、「担任教諭の不適切な指導が自殺の一因」と指摘する報告書をまとめた。 事案の経過  報道によると、担任教諭がこの...
いじめ問題

部活動でいじめ受け自殺未遂:愛知県の高校

 名古屋市千種区の私立愛知高校1年の男子生徒が2018年11月、所属しているラグビー部でのいじめを苦に自殺を図っていたことがわかった。  生徒の命に別状はなく、当該生徒は回復して通学しているという。 事件の経過  報道によ...
大学・高等教育

東京医科大学:不合格者101人が合格ラインに、しかし入学希望者のうち5人を改めて不合格に

 東京医科大学は12月7日、2017年度・2018年度の入試で合格ラインに達していながら不正に不合格にされていた受験生101人のうち、入学の意向を示した49人中44人(男子15人・女子29人)の追加合格を認めた。  その一方で、本来な...
教育行政

大阪市、市全体で70人の教員が不足

 大阪市立小中学校で教職員の数が不足し、2018年度には本来配置されるべき教員が市全体で70人足りない状態で教育活動が進められていることが明らかになった。  12月6日の大阪市会教育こども委員会での質疑で明らかにされた。 教職員...
教科書

大阪市教科書採択地区「年内にも結論出す方向」:大阪市会で答弁

 大阪市会教育こども委員会が12月6日に開かれ、教科書採択地区の複数化の問題についても質疑がおこなわれた。  大阪市教委の担当者は、「現在市教委で検討中」「2019年夏(2020年度以降使用予定)の小学校教科書採択に関する採択地区は、...
いじめ問題

静岡市立小学校いじめ事件、再調査委員会の結果を公表

 静岡市は12月5日、静岡市立千代田小学校で2017年度に発生したいじめ事件について、市長部局の第三者機関「市いじめ防止再調査委員会」がまとめた調査結果報告書の概要を公表した。 再調査委員会での調査  いじめ事件は2017年に発...
学校教育

「変な校則」の実態を告発:AERA記事

 AERA2018年12月10日号に『体操服に下着の着用禁止 「ヘンな校則」本当に子どものため?』が掲載され、ウェブサイトでも紹介されている。 「変な校則」の実態  アエラが学校の校則について、アンケートを実施したところ...
スポンサーリンク