スポンサーリンク
学校教育

大阪市生野区での学校再編問題

『産経新聞』が2022年3月19日、『中1ギャップも要因になる街中の学校再編問題』という記事を出している。 記事では、大阪市生野区での学校統廃合問題についてまとめている。 生野区の学校統廃合の背景 大阪市、および生野区での...
学校教育

新入生タブレット端末、少なくとも約3万円の保護者負担:沖縄県立高校

沖縄県教育委員会は2022年度から、県立高校の新入生に対してタブレットやパソコンの学習端末を購入させる方針を決めた。県が1人あたり約1万5000円分を補助するものの、少なくとも3万円の保護者負担が求められるとしている。 端末は2022...
いじめ問題

「いじめでケガ、不登校」、仙台市が「重大事態」認定へ

仙台市立小学校1年の男子児童が2021年12月、同級生8人から集団暴行いじめを受け、登校できない状態になっていることがわかった。仙台市教育委員会は2022年3月15日までに、当該事案をいじめ防止対策推進法で定める「重大事態」として認定し、調...
教育行政

大阪府立高校統廃合問題、阪南市での状況は

ABCニュース(朝日放送)が2022年3月11日、『【取材記者ノート】わが町から高校が消える・・・ 廃校の理由は大阪府の”独自ルール” 「3年連続定員割れの高校は統廃合の対象に」』とするリポートを出し、ウェブ上にも掲載されている。 ...
学校教育

「ツーブロック禁止」などの校則、大半が撤廃へ:東京都

東京都立学校で、「髪の毛の色を黒く染める」「ツーブロック禁止」などの、生徒の人権を侵害する校則の大半が撤廃されることがわかった。東京都教育委員会会議で2022年3月10日、事務局からの報告で明らかにされた。 東京都では、必要性が疑われ...
学校教育

市立中学校の校則「人権侵害」と民事調停:大分市

「自分の子どもが進学を検討した市立中学校の校則が人権を過剰に侵害している」と訴えて、大分県大分市在住の父親で弁護士が、親が子どもに校則を守らせる義務がないことの確認を市と学校に求める民事調停を申し立てたと報じられている。 報道によると...
未分類

「こども家庭庁」、名称変更を訴える動き

政府が行政組織としての新設を検討している「こども家庭庁」。名称については、「こども家庭庁」の案が最初に出され、被虐待当事者などの意見を受けて「こども庁」とすることが検討されたものの、再び「こども家庭庁」の方向で固まった経緯がある。 こ...
いじめ問題

2018年の熊本県立高校いじめ自殺事件、「週刊文春」が詳細を取材

2018年5月に熊本県北部の熊本県立高校で、当時3年の女子生徒が自殺した事件。背後にいじめがあったと県の第三者委員会で指摘され、遺族は加害生徒らを相手取り訴訟を起こして係争中となっている。 このいじめ事件について、「週刊文春」(ウェブ...
学校教育

特別支援学校で教室不足が深刻に、全国で3740教室が不足

文部科学省は2022年3月1日、全国の公立特別支援学校で、2021年10月1日時点で3740教室が不足しているとする統計結果を公表した。 特別支援学校に通学する児童・生徒の増加を踏まえ、2年前の調査より不足教室数が増加しているという。...
いじめ問題

山口県立高校いじめ自殺、調停成立へ

山口県立高校2年だった男子生徒が2016年に自殺し、背後に同級生からのいじめがあったと指摘された問題で、遺族と山口県との調停が成立する見通しになったことが2022年2月28日にわかった。 山口県議会に同日、調停の関連議案が提案された。...
タイトルとURLをコピーしました