スポンサーリンク
大学・高等教育

「ダイビング実習中に死亡事故」遺族が第三者委員会設置申し入れ:京都の専修学校

京都医健専門学校(京都市中京区)の男子学生が、授業の一環として実施されたダイビング実習中に溺死する事故があった。この事故について、遺族らが2020年12月14日、学校側に対して、事故原因の調査と再発防止策を検証するための第三者委員会の設置を...
児童福祉

保育士のマスク着用、乳幼児の発達に影響?現場では工夫も

新型コロナウイルス問題の拡大により、マスクの着用が社会のあちこちで広がっている。一方で保育所での保育士のマスク着用によって、子どもに何らかの発達上の影響が出ているのではないかとする指摘もあるという。 『しんぶん赤旗』2020年12月1...
「体罰」・対生徒暴力

担任講師から暴行受けて不登校になったと訴え:仙台市の小学校

「仙台市宮城野区の市立小学校3年の男子児童が、2020年6月~9月中旬に担任だった男性臨時講師から暴行を受けるなどして不登校になった」として、家族が警察に被害届を出していたことが2020年12月10日までにわかった。 当該講師は202...
教育行政

「大阪市立の高校を府立移管」大阪市で移管条例成立

大阪市会は2020年12月9日の本会議で、大阪市立の高校21校を2022年度に大阪府に移管する条例を、大阪維新の会と公明党の賛成多数で可決した。 自民党と共産党、無所属系会派「市民とつながる・くらしが第一」は反対した。 この問題...
いじめ問題

「いじめアンケート」児童の回答改ざんしいじめ隠し、小学校講師懲戒免職:仙台市

仙台市教育委員会は2020年12月7日、児童を対象に実施した「いじめアンケート」の結果を改ざんし、いじめがないように見せかけていたとして、仙台市立七北田小学校(泉区)の男性講師(48)を懲戒免職処分にした。 同講師は2020年9月に同...
いじめ問題

群馬県立高校いじめ自殺、遺族が再調査要求の意向固める

群馬県立勢多農林高校2年だった女子生徒が2019年2月に自殺し、いじめがあったと指摘されている問題で、遺族側が2020年12月2日までにマスコミ取材に応じ、第三者委員会の報告書の内容について説明した。 東京新聞2020年12月3日付『...
学校教育

大阪市会:高校の大阪府移管「態度留保」で結論出ず

大阪市会は2020年12月3日に教育こども委員会を開き、大阪市立の高校を府立に移管する「大阪市立学校設置条例の一部を改正する条例案」を審議した。 維新が賛成し、共産が反対した。一方で自民・公明の両党が「態度留保」を表明し、この日は採決...
いじめ問題

仙台市いじめ心中:調査部会が父親への調査の際に心情を傷つける発言か?

仙台市泉区で2018年、母親と小学校2年の女子児童が無理心中し、背後には児童が学校でいじめられていたことで親子とも追い詰められていたと指摘された問題があった。 この事件について、児童へのいじめを調査していた仙台市の調査部会関係...
いじめ問題

福島県会津坂下町が開示拒否した「いじめアンケート」、開示命じる:福島地裁

福島県会津坂下町立中学校で2014年、当時1年だった男子生徒(2019年に自殺)がいじめを受けて不登校になった事案に関連して、生徒の遺族が町を相手取り「いじめに関するアンケート」の開示を求めた訴訟で、福島地裁は2020年12月1日、「個人を...
いじめ問題

群馬県立高校いじめ自殺:第三者委員会「いじめは自殺の主要因ではない」答申

群馬県立勢多農林高校2年だった女子生徒が2019年2月に自殺し、いじめがあったと指摘されている問題で、第三者委員会が2020年11月30日に調査報告書を群馬県教育委員会に答申した。 報告書の詳細な内容については「遺族の了解が得られてい...