大学・高等教育

大学学費・奨学金問題の国会質問

 宮本岳志衆議院議員(日本共産党)は2月17日の衆院予算委員会で、大学の学費問題について取り上げた。  質問によると、日本政府は2012年に、大学まで段階的に学費を無償にすることを取り決めた国際人権規約の条項の留保を撤回したものの、学生支...
学校教育

大阪市中学校「全員給食」正式決定

 大阪市教育委員会は2月4日の教育委員会会議で、市立中学校給食を2014年度から新1年生全員に導入することを決定した。  一方で、橋下徹大阪市長の辞職・出直し市長選挙がおこなわれる見通しとなったことを受け、予算が成立するかどうかは流動...
教育行政

市立特別支援学校10校と高校1校を大阪府に移管構想:大阪市

 大阪府と大阪市は1月28日の府市統合本部会議で、大阪市立の特別支援学校全10校と、大阪市立高校(大阪府枚方市)の府立移管方針を決めた。大阪都構想に伴うもので、2015年4月の移管を目指すという。  大阪都構想では大阪府と大阪市を一...
教育学・教育調査

性教育・ジェンダー教育「行き過ぎ」とする産経新聞

 日教組教研集会で性教育やジェンダー教育の実践が発表されたことに対して、産経新聞が「行き過ぎ」などとする記事を出している。  「小1授業に裸のイラスト使用など行きすぎジェンダー教育 日教組教研集会」(産経新聞1月26日)と見出しを立てて...
教育学・教育調査

デマをもとに子どもの権利を敵視する産経新聞

 産経新聞が、子どもの権利を敵視するような記事を出している。2014年1月26日付『【主張】子供の権利 甘やかさない教育必要だ』。  全国各地で子どもの権利に関する条例が検討されていることに対して、敵意むき出しで強く批判している。 ...
教育行政

文科省、社会科教科書検定基準の改定へ

 文部科学省は1月17日、教科書の検定基準について、小中学校社会科および高校地理歴史・公民の教科書で近現代史を扱う際には政府見解を尊重することを求める基準改定をおこなうことを発表した。  2014年度春に申請本を受け付ける予定となって...
学校教育

毎日新聞社説:道徳教科化を危惧

 毎日新聞2014年1月12日付社説『道徳の教科化 規格化はそぐわない』。道徳を「特別の教科」として検定教科書を導入することを検討している政府・文部科学省の動きに対し、危惧を表明する論調となっている。  同社説では、検定教科書の導入や...
教育行政

日本史必修化と新教科「公共」創設検討へ:下村文科相会見

 下村博文文部科学大臣は1月7日の閣議後の記者会見で、高校での日本史必修化と、新教科「公共」の創設を次期学習指導要領での検討課題とする方針を明らかにした。  高校日本史必修化検討については文部科学省が検討を始めたとするニュースが流れ、当...
教育学・教育調査

児童・生徒に東日本大震災の影響と思われる問題:河北新報調査

 『河北新報』が東日本大震災の被災地の宮城県沿岸部11市町(仙台市は沿岸部の2区のみ)245校の小中学校の校長に実施したアンケート調査で、自校の児童・生徒の震災の影響とみられる症状が現在もあると感じていると回答した校長が約7割にものぼること...
教育行政

学校でのタブレット端末、費用負担で自治体対応分かれる

 各地の学校で、授業用としてタブレット型多機能端末を導入する動きが広がっている。一方で端末の費用負担については、自治体の対応が分かれていることが、2013年12月31日付の『読売新聞』で紹介されている。  佐賀県立高校に導入するタブレ...