スポンサーリンク
いじめ問題

山形・天童市中学生自殺、遺族側が早期対応要望

 山形県天童市立中学校1年の女子生徒が2014年1月、いじめを苦にするようなメモを残して山形新幹線にはねられて死亡した事件があった。この案件については、遺族と市教委との間で第三者委員会の設置要綱に関する協議が折り合わず、4ヶ月以上経過しても...
教育行政

教育委員会への首長権限強化法案、衆院通過

 教育委員会への首長関与の拡大を軸とした地方教育行政法改定案が、5月20日の衆議院本会議で可決し、参議院に送付された。自民党・公明党などが賛成した。  民主党や日本維新の会は、政府案よりもさらに首長権限を強化し、教育委員会制度をなくして...
未分類

学術論文「名誉毀損」スラップ訴訟、研究者側の勝訴判決

 経済ファンドの実態を研究した学術論文を雑誌に発表した研究者に対し、経済ファンド関係者が「名誉毀損」などと主張して当該者に損害賠償を求めたスラップ訴訟で、東京地裁は5月19日、名誉毀損は成立しないとして原告側の訴えを全面棄却する判決を出した...
教育学・教育調査

道徳教科化推進派が重視する「清明心」とは?

 『しんぶん赤旗』2014年5月21日付に『安倍流清明心って?道徳教科化“推進派”が重視するけど…』とする記事が掲載されている。安倍政権がすすめる道徳教育の教科化についての、藤田昌士・元立教大学教授(道徳教育)へのインタビュー記事である。 ...
教育行政

大阪市立公募校長問題での市教委答弁

 大阪市立中学校の公募校長が保護者から更迭を求められている問題で、大阪市教委の大森不二雄教育委員長は5月20日の大阪市会・教育こども委員会で、「同校では教職員人事を選挙で決めていた問題があったから、対応のために留任させた。更迭などは考えてい...
教育行政

大阪市教委、ゼロ・トレランス導入を検討

 大阪市教委が市立学校で「ゼロ・トレランス」方式を導入する検討を始めたと報じられている。  橋下徹大阪市長が提案し、大森不二雄教育委員長も前向きに検討しているという。2015年度にも予算化して導入したいとしている。  ゼロ・ト...
教育行政

道徳教育副教材、自宅に持ち帰っているかをチェック:文科相

 下村博文文部科学相が5月12日付のインターネット上の「フェイスブック」の投稿で、道徳教育の副教材を「家に持ち帰らせず学校に置きっぱなしにしている学校がある」として、読者に対して副教材を自宅に持ち帰っているかどうか調べるよう呼びかけているこ...
教育学・教育調査

「指導死」問題シンポジウム開催される

 いわゆる「体罰」や行き過ぎた叱責などの教師の指導が原因となって児童・生徒が死亡する「指導死」問題についてのシンポジウムが、5月17日に東京都内で開催された。  主催者グループによると、教師の指導を苦にした児童・生徒の自殺や自殺未遂...
教育行政

大阪市公募校長の更迭求める陳情書採択

 大阪市生野区の大阪市立中学校の公募校長について、教育委員会事務局が2013年度末に更迭の方針を固めていたにもかかわらず一転して教育委員会会議で留任を決めた問題が起きている。この措置について、同校の保護者らが大阪市教委に対して同校長の更迭と...
教育行政

教育委員会制度に関する衆院参考人質疑

 教育への首長権限を強化する教育委員会制度の改悪法案を審議する衆議院文部科学委員会は5月14日、参考人質疑を実施した。  改悪法案では教育委員会制度は残すものの、首長の権限を大幅に強化するものとなっている。  参考人として出席した門川...
スポンサーリンク