教育行政

スポンサーリンク
教育行政

普通教室の増築を推進へ:文部科学省

文部科学省は、学校の普通教室の面積を広げるよう学校設置者に促す方針を固めた。 学校の普通教室の広さについては法令などでの規定はないが、1950年に示されたモデルに沿って「7メートル×9メートル」の広さが採用されている事例が多いという。...
教育行政

東京都教委、オリンピックでの「学校連携観戦」中止を発表

東京都教育委員会は2021年7月9日、東京オリンピックでの「学校連携観戦」を中止することを発表した。 「学校連携観戦」とは 「学校連携観戦」は、教育の一環として、会場のある地域の学校に対してオリンピック大会組織委員会が児童・生徒の観戦枠...
教育行政

大阪市立の高校の府立移管、住民監査請求の動き:大阪市

Yahooニュース2021年6月18日付に『大阪市立の高校の大阪府への移管は「市民の財産を棄損」と住民監査請求へ』が掲載されている。 大阪市の廃止を策動し市の財産を奪ういわゆる「大阪都構想」に絡めて、「府と市が同種の施設を持つ...
教育行政

中学校少人数学級、政府「骨太の方針」に明記へ

政府は2021年6月18日、政権の重要課題や予算編成の方針を示す「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」を閣議決定した。決定の際、素案では盛り込まれていなかった「中学校での少人数学級」も追加で盛り込まれることになった。 与党の「...
教育行政

「ブラック校則」見直し、文科省が通知

文部科学省は2021年6月、児童・生徒に対して下着や頭髪の色などを細かく規定するなどの人権侵害にもあたるとも思われる不合理な校則、いわゆる「ブラック校則」について、社会や時代の変化に合わせて変えていくよう求める通知を出した。 学校の指...
教育行政

大阪市立小学校校長「提言書」問題、法律関係団体が「処分おこなうな」と要望書

大阪市での緊急事態宣言に伴う「一部オンライン授業」や学力テストの問題について、大阪市立小学校校長が実名で大阪市長あてに「提言書」を出した問題。この問題で、弁護士らでつくる「自由法曹団大阪支部」と、法学関係の研究者・弁護士などの法律関係の実務...
教育行政

教育行政への提言書出した校長、市長・市教委の反応は:大阪市

大阪市での「一部オンライン授業」について、ある大阪市立小学校の校長が実名で、再考や教育行政の改善を求める提言書を、2021年5月17日付で松井一郎大阪市長と大阪市教育委員会宛に送付した。 このことは、マスコミ報道でも報じられている。 ...
教育行政

大阪府、府独自小学生学力テストを実施へ

大阪府教育委員会は、全国学力テストと大阪府独自の小学生学力テスト「すくすくウォッチ」について、実施日程には柔軟性を持たせながら、試験そのものは予定通り実施する方針を表明した。 2021年5月12日の教育長記者会見で明らかにした。 ...
教育行政

更新失念で教員免許失効7人、うち教諭5人が失職:神戸市

神戸市教育委員会は2021年4月12日、市立学校教職員の教員免許失効例が7人あったと発表した。 小学校教諭が4人、中学校教諭1人、中学校校長が1人、市教委指導主事が1人だという。いずれも教員免許更新時期を失念し、必要な講習などを受講し...
教育行政

教員免許更新制、見直し調査へ:文部科学省

文部科学省は、教員免許更新制の抜本的見直しに関する調査に乗り出す方針を固めた。 萩生田光一文部科学大臣は2021年3月12日、中央教育審議会の総会であいさつし、教員養成・採用・研修制度のあり方を諮問した。その際に、教員免許更新制の問題...
タイトルとURLをコピーしました