学校教育

スポンサーリンク
学校教育

市議を招いての主権者教育、市教育長が「問い合わせ」:京都府立高校

 京都府立西城陽高校(城陽市)で2018年2月、主権者教育の一環として、超党派の城陽市議らを呼んで意見交換会を実施した。  その際に市民の間では賛否が分かれている、市の大規模文化複合施設「文化パルク城陽」売却問題がとりあげられたことに対し...
学校教育

中学校部活動中の校舎転落事故、府中町に賠償命令:広島地裁

 広島県府中町立府中中学校で部活動中に校舎4階から転落して重傷を負い高次脳機能障害などの後遺症が残ったのは顧問教諭の安全配慮義務違反だとして、被害に遭った元生徒の女性と両親が府中町に約1億4800万円の損害賠償を求めた訴訟で、広島地裁は3月...
学校教育

大阪府立高校、新たに勝山・藤井寺工科の2校が「3年連続定員割れ」

 「大阪日日新聞」(ウェブ版)2018年3月22日付によると、大阪府立高校で2018年度、新たに「3年連続定員割れ」の学校が2校生じたと報じている。  大阪府では、維新府政によって「大阪府学校設置条例」(いわゆる「教育基本条例」の一つ...
学校教育

富山県立高校、4校で生徒の髪の毛を切るなどの生徒指導

 富山県立高校4校で、教諭が生徒の髪を切るなどの不適切指導をおこなっていたことがわかった。  富山県教委が3月22日に発表した。  富山県立水橋高校(富山市)で、「服装指導」「校則違反」として生徒の髪を切る指導があったことが2018年2...
学校教育

性教育授業、都議が問題視質問 都教委「指導」方針、区教委は「授業は適切」:東京

 東京都足立区立中学校で実施された性教育の授業をめぐり、古賀俊昭都議が問題視する議会質問をおこない、質問を受けて都教委が足立区教委に近く指導をかける方針だという。  朝日新聞2018年3月24日『中学の性教育に「不適切」 都教委、自民都議...
学校教育

制服を自由に選択できる取り組み、各地で広がる

 生徒が性別にとらわれずに制服のズポンやスカートなどを自由に選べるようにする取り組みが、各地で広がっているという。  LGBTなど性的少数者への配慮のほか、「スカートが嫌いな女子」「冬場の防寒の問題」などへの声にも配慮したとしている。 ...
学校教育

学級で「1年間無欠席」の報道:単純美化は危険では

 西日本新聞2018年3月22日付(ウェブ版)によると、福岡県のある県立高校で、1年生のある学級40人が1年間の無欠席を達成したと報じている。  病気やケガなどに巻き込まれず、無欠席を達成したのは、それはそれとして一見すると「よいこと...
学校教育

小学校での部活動廃止へ:名古屋市教委

 名古屋市教育委員会は3月5日、市立小学校で実施されている部活動を2020年度末までに廃止する方針を決めた。  名古屋市では全261市立小学校で、希望する4年生以上の児童を対象に、サッカーや野球などの部活動がおこなわれている。約7割の...
学校教育

海外修学旅行中の生徒死亡事故、災害共済見舞金不支給決定「不当」と提訴

 海外修学旅行で生徒が事故死した事件をめぐり、災害共済給付制度に基づく死亡見舞金が不支給になったのは不当だとして、死亡した生徒の両親(名古屋市在住)が「日本スポーツ振興センター」(JSC)を相手取り、給付見舞金相当額約2800万円の支給を求...
学校教育

教諭2人がそれぞれ不適切指導:京都市立中学校

 京都市立洛水中学校(伏見区)で、1年学年主任の女性教諭(55)と、1年女子の保健体育科を担当する男性教諭(58)がそれぞれ、1年の女子生徒に対して不適切指導をおこなっていたことがわかった。 学年主任の不適切行為  学年主任の教諭は201...
スポンサーリンク