「体罰」・対生徒暴力

スポンサーリンク
「体罰」・対生徒暴力

熊本市中学生自殺、小学校時代の担任教諭を不適切指導として懲戒処分へ

熊本市立中学校に進学したばかりの男子生徒が2019年4月に自殺し、小学校6年時の担任だった教諭からの不適切指導が背景にあったと指摘された問題で、熊本市教育委員会は2022年11月24日の教育委員会会議で、当該教諭への懲戒処分を2022年12...
「体罰」・対生徒暴力

熊本市生徒自殺、元担任教諭を学校現場から外す措置

熊本市立中学校に進学したばかりの男子生徒が2019年4月に自殺し、直前まで通っていた熊本市立小学校で6年当時の担任から不適切な指導を繰り返し受けて抑うつ状態を発症していた蓋然性が高いと指摘さされた問題。 この問題では2022年...
「体罰」・対生徒暴力

生徒自殺事案で不適切指導指摘された元担任教諭、別の児童への暴行で起訴猶予処分に

熊本市立中学校に進学したばかりの男子生徒が2019年4月に自殺し、小学校6年時の担任教諭の指導が一因だと指摘された問題で、当該教諭が2018年度に別の児童に暴力を振るい起訴猶予処分になっていたことが指摘されている。『熊本日日新聞』2022年...
「体罰」・対生徒暴力

担任教諭がいじめ同然の「指導」、児童が不登校に:北海道の小学校

北海道倶知安町立小学校で2018~19年度にかけて、当時小学校低学年だった女子児童が担任教諭から不適切指導を繰り返し受け、一時不登校になり、不安神経症を発症していたことがわかった。 北海道新聞2022年11月9日付『北海道・倶知安町の...
「体罰」・対生徒暴力

顧問教諭の不適切指導で生徒自殺、訴訟外で和解:福岡県の私立高校

福岡市東区の私立博多高校で2020年8月、剣道部に所属していた当時1年の女子生徒が、顧問教諭からの不適切指導を苦にして自殺していたことが、2022年11月3日までに報道された。 報道によると、当該生徒は、顧問教諭から繰り返し暴言や暴力...
「体罰」・対生徒暴力

部活動顧問の暴力事件:被害者が状況を語る

兵庫県姫路市の私立姫路女学院高校ソフトボール部の顧問教員(懲戒解雇)が起こした「体罰・暴行事件。この事件の被害生徒が神戸新聞の取材に応じ、事件の状況やその後の経過について話した。神戸新聞(ウェブ版)2022年11月2日配信記事『【独自】部活...
「体罰」・対生徒暴力

熊本市立中学校生徒自殺、小学校6年時の担任の不適切指導が一因

熊本市立中学校に進学したばかりの男子生徒が2019年4月に自殺し、背後に小学校6年時の担任教諭の不適切指導が指摘された問題を調査していた熊本市教委の第三者委員会は2022年10月24日、調査報告書をまとめて熊本市長宛に答申をおこない、概要を...
「体罰」・対生徒暴力

広島県東広島市「指導死」訴訟、詳細が報じられる

「週刊文春」ウェブ版2022年9月29日配信に『「死んだほうがいいんかねぇ」14歳で自死を選んだ中2生徒、その原因は教師による“不適切な指導”だったのか』が掲載されている。 広島県東広島市立中学校2年だった男子生徒が2012年...
「体罰」・対生徒暴力

小学校教諭が児童への暴言、不登校に追い込む:広島県福山市

広島県福山市立小学校で6年を担任する女性教諭が2022年4月以降、受け持ちクラスの児童に対して繰り返し暴言・人格否定発言を繰り返し、暴力的行為も加えるなどして、うち一人の男子児童が登校できない状態に追い込まれていたことが、2022年9月12...
「体罰」・対生徒暴力

教員からの「言葉の暴力」被害訴えが増加:千葉市調査

千葉市は市立小中学校・特別支援学校の児童・生徒に対して、教員から暴力行為・いわゆる「体罰」やセクハラを受けたことがあるかどうかを調査するアンケートを実施し、このほど2021年度の結果を公表した。 概略を、東京新聞2022年9月3日『「...
タイトルとURLをコピーしました