「体罰」・対生徒暴力

スポンサーリンク
「体罰」・対生徒暴力

岩手県立高校バレー部員自殺:顧問教諭を暴行で刑事告訴へ

 岩手県立不来方高校(矢巾町)のバレーボール部員の男子生徒が2018年7月、顧問教諭からの暴力や暴言を苦にする遺書を残して自殺した問題で、遺族の代理人弁護士は11月12日、顧問の男性教諭を暴行容疑で刑事告訴する方針を明らかにした。  ...
「体罰」・対生徒暴力

野球部監督が部員12人に暴行:愛知県の私立高校

 名古屋市瑞穂区の私立名古屋経済大学高蔵高校で野球部監督を務める男性教諭(47)が、部員12人に暴力行為を加え、うち3人にケガを負わせていたことがわかった。 事件の経過  事件は2018年11月9日午後6時頃に発生した。 ...
「体罰」・対生徒暴力

「中学生時代の担任教諭の暴行・暴言でPTSD」として元生徒が提訴:群馬・高崎市

 群馬県高崎市立中学校在学中の2015年から16年にかけ、担任だった教諭から暴行や暴言を繰り返し受けてPTSDを発症したとして、元女子生徒(現在は高校生)が高崎市に対して、約166万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていたことがわかった。 ...
「体罰」・対生徒暴力

生徒自殺、背後に担任教師の罵声か:宮城県工業高校

 宮城県工業高校(仙台市青葉区)1年の男子生徒が2018年8月に自殺していたことがわかった。担任教諭からこの生徒への罵声を伴う「指導」があったと指摘されている。  生徒の父親が10月31日に記者会見して明らかにした。 事件の経過...
「体罰」・対生徒暴力

卒業式で生徒の髪を切ったとして中学校教諭を処分:山形県

 山形県最上地域の公立中学校で教師が生徒の髪の毛を切る案件があったとして、山形県教育委員会は10月18日、同校の生徒指導担当の女性教諭(50代)を文書訓告処分とした。 事件の経過  事件は2018年3月に発生した。  卒業...
「体罰」・対生徒暴力

岩手県立高校バレーボール部自殺:父親が文科省などに要請

 岩手県立不来方高校(岩手県矢巾町)のバレーボール部員の男子生徒が2018年7月に自殺し、顧問の男性教諭からの暴言が原因だと指摘されている問題で、生徒の父親は10月19日に文部科学省とスポーツ庁を訪れ、スポーツ現場での暴力問題に関する要請を...
「体罰」・対生徒暴力

バレーボール部で不適切指導として監督辞任:長野県の高校

 長野県松本市の私立松本国際高校(旧・創造学園高校)のバレーボール部で、同校の名誉校長でもある壬生義文監督(62)が部員に対して「行き過ぎた指導」をしたとして、10月4日付で監督と同校職員を辞職していたことがわかった。  同監督は前任...
「体罰」・対生徒暴力

中学校卓球部顧問「3位入賞」が不満として賞状破る:川崎市

 川崎市立西高津中学校(高津区)で卓球部顧問を務める男性教諭(50代)が、部が卓球大会で3位入賞したことに対して「3位では不満」として、部員の前で賞状を破り捨てていたことがわかった。 事件の経過  報道によると、事件の経過は以下...
「体罰」・対生徒暴力

福井県池田中学校生徒自殺事件:報告書から1年、元担任や遺族の心境

 福井県池田町立池田中学校2年だった男子生徒が2017年3月に自殺し、背景には教諭が大声で怒鳴るなどの過剰な指導があったと指摘されている問題。  この問題では、町教委が2017年10月に調査報告書を発表した。発表から1年の節目となる1...
「体罰」・対生徒暴力

バレーボール部顧問、生徒の顔面にボールぶつける行為や暴言で処分へ:大阪市立中学校

 大阪市立中学校で女子バレーボール部顧問を務めていた教諭が、生徒の顔面にボールをぶつけたり人格否定の暴言を吐くなどの行為を繰り返していたことが、10月4日までにわかった。  報道によると、2018年8月16日におこなわれた他校との練習...
スポンサーリンク