2020-10

「体罰」・対生徒暴力

不適切指導で退学・転校、元生徒が提訴:広島県の私立高校

教員からの暴力や罵倒を伴う「行き過ぎた指導」で体調を崩し、退学・転校を余儀なくされたとして、広島県呉市の私立呉港(ごこう)高校に通っていた男子生徒が2020年10月29日付で、同校を運営している学校法人を相手取り、約180万円の損害賠償を求...
教育行政

少人数学級:文科省は導入求める方針、一方で財務省は消極的

萩生田光一文部科学大臣は2020年10月27日の閣議後記者会見で、少人数学級を進めるために予算獲得の取り組みを強化したいという意向を示した。 一方で財源を付けることになる財務省は前日10月26日の会合で、少人数学級での学校への影響は限...
いじめ問題

川口市いじめ情報開示訴訟、市側敗訴も「大筋で認められた」?

埼玉県川口市立中学校に在学していた男子生徒が在学当時にいじめを受け不登校になった問題に関連して、被害生徒がいじめに関する文書の情報開示を求めたところ不開示決定などがおこなわれたのは違法として市を相手取り訴えていた訴訟は、2020年10月14...
いじめ問題

いじめ認知件数過去最多、82%の学校が認知:文科省調査

文部科学省が2020年10月22日に発表した調査結果によると、2019年度にいじめを認知した学校は約82%となっていたことがわかった。 いじめの認知件数は61万2496件で過去最多となっている。重大事態と判断されたのは323件で、これ...
学校教育

「小学生すくすくテスト」導入中止を大阪府に要望:大阪教職員組合

大阪教職員組合は2020年10月16日、2021年5月に府内の小学生を対象に実施予定の「小学生すくすくテスト」の導入中止を求める緊急要望をおこなった。 同テストは大阪府が、公立小学校(義務教育学校前期課程・支援学校小学部を含む)の5・...
学校教育

新型コロナ、治癒後も登校できないケース複数報告:神戸市の学校

神戸新聞2020年10月21日付によると、神戸市の学校に通う児童生徒が、新型コロナウイルス感染をきっかけに、風評被害などによって、治癒しても学校に行けなくなったケースが複数あると指摘されている。 記事では、以下のようなことが指...
教科書

育鵬社教科書採択激減の理由は?

『しんぶん赤旗』2020年10月20日付が、『育鵬社教科書激減したわけ』と題する、鈴木敏雄氏(子どもと教科書全国ネット21事務局長)の論考を掲載している。 論考では、家永教科書訴訟で子どもの学習権・国民の教育権が認められたことをベース...
教育行政

大阪市廃止は「身近な教育行政」にはつながらない

大阪市を廃止し、現大阪市域に4つの特別区を設置することの是非を問う「大阪市廃止・特別区設置住民投票」、推進側がいうところのいわゆる「大阪都構想」では、教育委員会が各特別区ごとに設置されることで、「いじめ対策」「学力向上」などより身近な教育行...
社会教育

大阪市廃止で図書館にも影響が出る可能性

大阪市廃止・特別区設置の住民投票に関連して、大阪市立図書館の扱いも問題になっている。 産経新聞2020年10月16日が、「ファクトチェック」と題して「市立図書館廃止は誤り」とする記事を出している。 しかし記事では、前提条...
いじめ問題

滋賀県立高校いじめ不登校問題、被害生徒が提訴

滋賀県立玉川高校(滋賀県草津市)に在学していた当時いじめを受けて不登校になり退学を余儀なくされた、学校側も放置したとして、被害生徒が2020年10月16日、滋賀県と加害生徒を相手取り、約600万円の損害賠償を求める訴訟を大津地裁に起こした。...