2020-07-22

「体罰」・対生徒暴力

顧問教諭の行為で「絶望感深めさせたこと否定できない」:岩手県立高校バレーボール部員自殺事件

岩手県立不来方高校(矢巾町)3年だった男子生徒が2018年7月に自殺し、背後にバレーボール部顧問教諭の暴言や威圧的発言など不適切指導があったと指摘された問題で、第三者委員会は生徒の自殺の原因について「教諭の叱責や発言が絶望感を深めさせた可能...