2019-11

いじめ問題

群馬県立勢多農林高校生徒自殺:同級生への「いじめアンケート」実施

 群馬県前橋市の群馬県立勢多農林高校2年だった女子生徒が2019年2月、いじめ被害を訴えるメモを残して自殺した問題で、群馬県教育委員会が設置した第三者委員会が、同級生に対していじめの有無を確認するための記名・記述式のアンケートを実施している...
いじめ問題

神戸市同僚教員暴力:兵庫県警が事情聴取

 神戸市立東須磨小学校の同僚教員集団暴行事件で、兵庫県警が加害者教員4人への任意での事情聴取を始めていたことがわかった。  共同通信が2019年11月18日に報じた。  兵庫県警では関係者への聴取を総合し、暴行や強要の罪で立件可...
大学・高等教育

大学入学共通テスト「記述式問題」の導入中止求める声が高まる

 大学入学共通テストでは、英語の民間試験導入(導入延期を発表)だけでなく、国語・数学の「記述式問題」にも強い批判が集まっている。  国会では、立憲民主党・国民民主党・社民党などの合同会派と共産党会派は共同で、共通テストでの記述式問題を...
学校教育

「ブラック校則」めぐり討論会:横浜

 「ブラック校則」問題をめぐる討論会が、2019年11月16日に横浜市で開かれた。神奈川新聞2019年11月17日『「ブラック校則」問題巡り討論会 厳罰化に懸念の声』が、その様子をリポートしている。  記事によると、パネルディスカッシ...
いじめ問題

「いじめで校舎から飛び降り後遺症」元同級生らを相手取り提訴:千葉県柏市

 「千葉県柏市立中学校2年だった2015年3月、いじめを苦にして校舎から飛び降り、重度の後遺症を負った」などとして、元生徒の女性(19)と家族が、いじめ加害者とされる元同級生の女子生徒4人と柏市を相手取り、総額約3億円の損害賠償を求める訴訟...
学校教育

東京オリンピック、都内の学校にもボランティア動員割り当てか

 2020年東京オリンピックに向けて東京都がボランティアを募集する計画を立てているが、都教委が都内の中学校・高校にボランティア参加者人数を割り振っていると指摘され、事実上の動員ではないかと問題になっている。  NHKニュース(2019...
「体罰」・対生徒暴力

児童にはさみを突きつける「指導」:神戸市立小学校

 神戸市立小学校で2019年10月、女性教師が5年生の男子児童に対して「指導に従わない」として、「頭の中はどうなっているのかな」などと言いながら児童にはさみを近づけ、児童の頭を切るまねをしていたことがわかった。  神戸新聞2019年1...
教育行政

神戸市教員暴行:2人目の教諭が不服審査請求検討、分限処分の文書に誤りも発覚

 神戸市立東須磨小学校の同僚教員暴行問題で、加害者教員4人への分限休職・給与差し止め処分の際、神戸市教育委員会が加害教員側に手渡した文書では分限処分の根拠となる法令を誤り、実際には存在しない条文を根拠法令として記載するミスがあったことが発覚...
児童福祉

園児への暴力で保育園副園長を起訴、保育士への暴力でも再逮捕:福岡県宗像市

 福岡県宗像市の認可保育園で「日の里西保育園」で、副園長(41)が園児に暴行を加えた事件で、福岡県警は11月11日、副園長を傷害罪で起訴した。  また「保育士に平手打ちをしてケガをさせた」とする別件の暴力行為で、副園長を暴行容...
「体罰」・対生徒暴力

水泳授業で生徒暴行、教諭を処分:大阪市立中学校

 大阪市教育委員会は11月8日、授業中に生徒に暴力を加えたとして、市立中学校で保健体育科を担当する男性主務教諭(35)を減給10分の1(3ヶ月)の懲戒処分にしていたことを公表した。  処分は2019年10月31日付。 事件の経過...