2019-04

学校教育

「全国学力テスト」2019年度も実施、中学校では「英語」追加

 小学校6年と中学校3年の全児童生徒を対象とした2019年度「全国学力テスト」が、4月18日に一斉に実施された。  小学校では約1万9000校・107万6000人、中学校では約1万校・104万5000人が試験対象となった。  中...
児童福祉

認定こども園で虐待か?第三者委員会が調査:和歌山・高野町

 和歌山県高野町の町立認定こども園「高野山こども園」で職員から園児への虐待疑惑が浮上し、高野町が第三者委員会を設置して調査をおこなっていることがわかった。  関西テレビ2019年4月17日のニュースで報じられている。 問題の経過...
「体罰」・対生徒暴力

部活動中に保護者が暴力、目撃した生徒が不登校に:兵庫・朝来市

 兵庫県朝来市立梁瀬中学校の女子バスケットボール部で、練習中に保護者の一人が部員の生徒4人を平手打ちするなどの暴行を加え、目撃した部員1人がショックで不登校になっていることがわかった。 事件の経過  「神戸新聞」2019年4月1...
いじめ問題

神戸市垂水区中学生自殺、第三者委員会「いじめが原因」と認定

 神戸市垂水区内の神戸市立中学校に通っていた当時3年の女子生徒が2016年に自殺し、背景にいじめが指摘されていた問題について、神戸市教育委員会が設置した第三者委員会は4月16日、いじめが原因だったと認定する再調査報告書をまとめた。  ...
いじめ問題

名古屋市立中学校1年女子生徒自殺、第三者委員会「いじめ」認めず

 名古屋市名東区の名古屋市立中学校1年の女子生徒が2018年1月に自殺した問題で、この問題を調査していた名古屋市教育委員会の第三者委員会が「心身の苦痛を感じるいじめ行為があったとは認められない」とする答申書をまとめていたことが、4月14日ま...
いじめ問題

いじめ防止法改正目指す国会議員勉強会の「試案」、遺族側が反発

 「東京新聞」2019年4月13日付に『いじめ防止法改正案 消えた具体策 遺族「子の命守れない」』が掲載されている。  いじめ防止対策推進法改正の動きについて記している。  同法改正案は、超党派の国会議員によって、2019年の通...
学校教育

宮城県亘理町で中学生自殺、背景に学校側の不適切対応?

 宮城県亘理町立吉田中学校2年だった男子生徒が2019年3月に自殺していたことがわかった。  生徒の家族は4月12日に宮城県庁で記者会見して事実関係を公表するとともに、「教諭から不適切な指導があった」などと訴え、宮城県教育委員会に対し...
「体罰」・対生徒暴力

懲戒免職嘆願書出された暴力教師に軽い処分、生徒の立場で動いた教員を「訓告」:山口県教委

 山口県立下松工業高校で2018年度、1年生を担任していた男性教諭が生徒に暴言を繰り返したり髪の毛を丸刈りにするなどしてクラスの生徒全員から免職を求める嘆願書が出されていた問題に関連して、山口県教育委員会は4月12日、関係教職員の処分を発表...
いじめ問題

人種差別いじめと学校ぐるみのいじめ隠蔽が告発される:埼玉・川口市立小学校

 「ハーバービジネスオンライン」2019年4月12日に『川口市の小学校、学校ぐるみで“クルド人少女のイジメ事件”隠し』が掲載された。  埼玉県川口市立芝中央小学校を2019年3月に卒業した女子児童が学校でいじめを受け、校長や教...
いじめ問題

いじめで骨折・PTSDに、第三者委員会が調査:大阪・八尾市立小学校

 大阪府八尾市立小学校6年の女子児童が、同級生から暴言や暴力などのいじめ行為を受けて不登校状態が続いていることが、4月11日までにわかった。八尾市教育委員会はいじめ防止対策推進法上の「重大事態」と認定し、調査をおこなっているという。 ...