2019-04

学校教育

「ブラック校則」:西日本新聞に寄せられた声

 西日本新聞2019年4月30日付が『時代錯誤?「おかしな校則」が続々 口笛ダメ、男女交際は保護者にも注意… 過去のトラブルの裏返し』を配信している。  近年は「ブラック校則」とも言われるような、学校で生徒を理不尽・過剰に規制するよう...
社会教育

維新市政で天王寺動物園「改革」?:大阪市

 大阪市の元市長と前市長が、大阪市が運営する天王寺動物園について、それぞれツイッターで発言した様子。 税ばかり投入して経営を全く考えていなかった10年前の動物園と、改革派園長の下で園内もきれいになりスタッフ制服もおしゃれになり、ナイト...
いじめ問題

広島市立中学校いじめ自殺:関係教職員に処分

 広島市立五日市観音中学校(広島市佐伯区)3年の女子生徒が2017年にいじめを苦にして校舎から飛び降り自殺した事件で、広島市教育委員会は4月26日、いじめへの対応が不十分だったとして、当時の教頭2人を訓告・担任教諭2人を厳重注意処分とした。...
児童福祉

維新政治による保育規制緩和、「国家戦略特区制度」が後押し:国会で質疑

 大阪府・大阪市は維新政治のもと、保育条件を切り捨てる「規制緩和」をおこなっている。その一環として、国家戦略特区制度を用いた「地方裁量型認可化移行施設」の制度を2019年4月より実施したが、その問題点について国会で取り上げられた。  ...
学校教育

北海道立高校「指導死」訴訟、教諭の指導と自殺との因果関係認めず:札幌地裁

 札幌市の北海道立高校に通っていた当時1年の男子生徒が2013年に自殺した事件があった。  「所属していた吹奏楽部でのトラブルをめぐり、顧問教諭から不適切な指導を受けたことが自殺の原因」として、遺族側が北海道を相手取り約8400万円の...
学校教育

富山市の小中学校で教員不足相次ぐ

 2019年4月22日のNHKニュースによると、富山市の小中学校で2019年度に計27人の教員が不足し、始業式以降も学級担任が決まらない状況の学校も生じていることが報じられている。  教員の休職が相次ぐ一方でその分を補充する臨時講師が...
学校教育

10連休、部活動過熱化も指摘される:群馬県

 2019年度のゴールデンウィークは4月27日から5月6日までの10連休となる。それに関連して、学校での部活動過熱化の問題も指摘されている。  上毛新聞2019年4月23日『10連休 部活が休めない! 練習が7日間/期間中に大会 群馬...
いじめ問題

埼玉県川口市立小学校いじめ問題、毎日新聞が報じる

 埼玉県川口市立芝中央小学校でクルド人の女子児童がいじめを受け、学校や教育委員会も学校ぐるみの隠蔽・加勢と受け取れる対応をおこなったと、インターネットメディアで指摘された問題。  この問題について、続報的な内容が毎日新聞201...
学校教育

経営上のトラブルで幼稚園職員ほぼ全員退職、認可外保育園設置:沖縄

 沖縄県読谷村の私立幼稚園「読谷こばと幼稚園」で、教諭全員を含むほとんどの職員が「給与未払い」などを理由に退職することがわかった。退職を決めた職員らは村内で新たな認可外保育園を設置し、在園児の大半は同園に移籍するという。  報道による...
学校教育

教材費など学校の必要経費:保護者負担を減らす取り組み

 NHKニュースで2019年4月21日、「“お金がかからない” 学校づくり進む 教材レンタルも」が配信された。  記事によると、小中学校の学用品・教材について保護者負担を減らす取り組みが、各地で取り組まれているということ。  義...