2019-01

スポンサーリンク
いじめ問題

「学校でのいじめが原因で母親と娘が無理心中」と父親が訴え:仙台

 宮城県仙台市で2018年11月に母親と小学校2年の女子児童が死亡し、母親が無理心中を図ったとされる事件で、父親が2019年1月19日に記者会見し、「児童が通っていた学校でのいじめと、学校側の対応が原因」と訴えた。  『共同通信』20...
児童福祉

保育士確保策に「USJ年間パス」?:大阪市

 大阪市が保育士確保策として、他県出身で大阪市内の保育所に採用された保育士に対し、USJ(大阪市にあるテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」)年間パスへの補助などを打ち出したと報じられている。 報道で指摘された内容  ...
未分類

検定試験「試験時間中のトイレ退室」めぐり訴訟に

 検定試験の受験中にトイレ退室を認めないのは不合理だとして、受験生が訴えた訴訟があったということ。朝日新聞2019年1月17日『試験中、トイレで退室 認める?認めない?司法判断は…』が紹介している。  記事によると、問題の顛末は日商簿...
学校教育

鹿児島県奄美市中1自殺:「教職員の指導」原因として自殺理由を文科省に修正報告へ

 鹿児島県奄美市立中学校1年の男子生徒が2015年11月に自殺した事件で、自殺理由を「不明」として文科省に報告していた奄美市教育委員会が、「教職員の指導」が原因だったと認めて文科省に修正報告をおこなう方針を決めたことがわかった。  『...
いじめ問題

「いじめで不登校」として提訴、市は争う姿勢:愛媛・今治市

 「愛媛県今治市立菊間中学校に在学中、いじめを受けてストレス性の心身症とうつ病を発症し不登校になった」として、同校に通っていた元生徒の女性(高校1年)が今治市などを相手取り100万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が、1月15日に松山...
学校教育

制服にICチップ埋め込みで登下校状況など管理、疑念の声も:中国

 記事によると、中国の貴州省と広西チワン族自治区の学校の計約10校で、制服の襟などにGPS発信機能付きのICチップを埋め込んだ「スマート制服」と呼ばれるものを導入しているという。登下校の時刻を記録し、無断欠席や中抜けなどがあった場合は保護者...
未分類

組体操事故:国連子ども権利条約委員会が審査へ

 日本の学校で重大な事故が連続し、社会問題にもなっている組体操の問題。  「日本政府が組体操の危険性について対策を十分講じてこなかったことは、子どもの権利条約に違反する疑いがある」とする指摘があり、国連子ども権利条約委員会が審査対象に...
いじめ問題

いじめ隠蔽:神戸市教委首席指導主事らに懲戒処分

 神戸市教育委員会は1月11日、市立中学校で発生したいじめ自殺事件に関連して「同級生らへの聴き取りメモを隠蔽するよう校長に指示した」として、市教委首席指導主事を停職3ヶ月の懲戒処分にするなど、関係の幹部職員計6人への処分を発表した。。 ...
「体罰」・対生徒暴力

大産大柔道部暴行傷害事件、元コーチを書類送検

 大阪府警四條畷署は1月10日、柔道部の指導中に部員を棒で叩くなどして重傷を負わせたとして、大阪産業大学柔道部の元外部コーチ(24)を傷害容疑で書類送検した。  2018年6月25日の練習中、長さ約1.3メートルの木製の棒で部員を殴り...
いじめ問題

品川区立中学校いじめ自殺訴訟で和解成立:東京地裁

 東京都品川区立中学校1年の男子生徒が2012年にいじめを苦にして自殺した問題で、遺族側が品川区や加害生徒らに対して約9000万円の損害賠償を求めた訴訟は、1月9日に東京地裁で和解が成立した。 いじめ事件の経過  生徒は2012...
スポンサーリンク