スポンサーリンク
学校教育

わいせつ行為での懲戒免職「教員免許再取得不可能」に:与党PTが検討へ

児童・生徒へのわいせつ行為で懲戒免職になった教員について、教員免許の再取得を不可能にするための法整備などを検討する与党のプロジェクトチームが発足したと報じられている。2021年3月1日に第1回会合が開かれた。 児童生徒へのわいせつ行為...
教育行政

大阪市小学校統廃合条例案可決、生野区で2組・計7校を統廃合へ

大阪市生野区の小学校統廃合問題で、大阪市会は2021年2月25日、小中一貫校の小学校1校と義務教育学校1校をそれぞれ新設し、関連小中学校計7校を廃止する「大阪市立学校設置条例の一部を改正する条例案」を可決・成立させた。 維新と公明党が...
学校教育

4割以上の高校で「地毛証明書」提出させる:東京都

東京都立高校全日制約177校のうち44.6%にあたる79校で、生まれつき髪の毛の色が黒以外の色の生徒やくせ毛のある生徒に対して「地毛証明書」を提出させていたことがわかった。 地毛証明書の提出・記入は任意だと明記していた学校は5校にすぎ...
教育学・教育調査

「ブラック校則」調査報告書と意見書を提出:福岡県弁護士会

福岡県弁護士会は2021年2月22日、福岡市立中学校などでの「ブラック校則」調査内容をまとめ、報告書と意見書を福岡市教育委員会に提出した。 また同様の意見書を文部科学省や福岡県教育委員会などにも郵送したという。 福岡市での調査 同...
教育行政

「進学先大学の受験難易度に応じて金額に差を付ける奨励金」廃止へ:鹿児島県伊佐市

鹿児島県伊佐市が、市内にある鹿児島県立大口高校の生徒に対して、進学先大学の受験難易度に応じて金額に差を付けた奨励金を支給している制度について、2021年度を最後に廃止する方針を決めたことがわかった。 橋本欣也市長が2021年2月19日...
「体罰」・対生徒暴力

担任クラスの児童に暴力行為、元臨時講師を書類送検:仙台市

仙台市立小学校で臨時講師を務めていた男性が、在職時に担任クラスの児童に暴行を加えたとして、宮城県警が暴行の疑いで、男性を書類送検していたことが、2021年2月17日までにわかった。 当該講師は2020年、担任だったクラスで当時3年の男...
いじめ問題

いじめで不登校・自殺未遂・転校、第三者審議会が調査へ:熊本・荒尾市

熊本県荒尾市立中学校1年の女子生徒がいじめを受けて自殺を図っていたことが、2021年2月17日に報道された。 事件の経過 報道によると、女子生徒は2020年4月の入学直後からいじめを受けるようになった。ほかの複数の女子生徒から「近づくな...
「体罰」・対生徒暴力

大阪府立懐風館高校「黒染め」訴訟:大阪府に賠償命じる判決

「大阪府立懐風館高校(大阪府羽曳野市)に在学していた当時、生まれつき茶色い髪の毛を無理やり黒く染めるよう強制されるなどして不登校になった」として元女子生徒(21歳)が大阪府に対して約220万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は2021年2...
「体罰」・対生徒暴力

兵庫県宝塚市立中学校「体罰」事件、加害元教諭に有罪判決

兵庫県宝塚市立長尾中学校柔道部顧問だった男性元教諭(懲戒免職)が2020年9月、柔道部員の生徒を指導・制裁目的で執拗に投げ飛ばすなどして重軽傷を負わせた事件で、神戸地裁は2021年2月15日、同元教諭に懲役2年・執行猶予3年(求刑懲役2年)...
「体罰」・対生徒暴力

沖縄県立高校生徒自殺:部活動顧問の「指導」が影響か?

沖縄県立高校2年で運動部主将を務める男子生徒が2021年1月に自殺し、顧問教諭から厳しい叱責があったと指摘されていることが、2021年2月13日までにわかった。 「琉球新報」2021年2月13日付『【独自】部活での叱責原因か 高2男子...